Archive for the ‘BLOG’ Category

小論文の入門に|板橋ブログ

2019-09-15

2学期に入り爽やかな秋の気候になりました。

それと同時に自然災害が続き、地球の力の大きさと脅威を感じます。


小論文のスタートで困っている人へ


さて、入試も近くなる中、推薦入試やAO入試の小論文の指導も始まりました。

私自身も小論文の書き方を見直そうということで、
「小論文 書き方と考え方(講談社選書メチエ 大堀精一著)」という本を読みました。

この本には技術的なことは多くは書いてありません。

しかし題名にもある通り「書く」ということの根っこにある「考え方」を示してくれます。

最近「課題文の意見に賛成するのがいいのか、反対したらいいのか」といった質問が生徒からありました。

これまでに読んだ小論文の本の中では「反対意見を書けば評価がアップ!」とか、「賛成するだけでは個性がなく、点数は低い」といった、どうすれば点数につながるかというアドバイスがメインに書かれていました。

しかしこの本では賛成・反対以前に、一つの型を使いながら、まずは課題文の中で課題文の筆者が主張したいテーマと意見をきちんと把握することに焦点を合わせます。課題文の読み方から教えてくれます。
それを踏まえた上で小論文の書き方を、奇をてらうことなく示します。

また例に挙げられている課題文の内容も現代を生きる上で考えさせられるものが多く、この本から別の本に手が伸びました。

「小論文ってなんだ?」とスタートで困っている人に是非お勧めします。

期末試験準備しっかりやろう!|継田ブログ

2019-09-10

2期生の中学校のみなさん

9月7日(土)に体育祭が終わったと思ったら

ほとんどの中学校は2週間後の9月20日(金)に前期期末試験。

試験範囲は出されているので9月10日(火)からの中学校の授業は

猛スピードで進んでいきます。

ワークをどんどん進めていきましょう。

1週間前の9月14日(土)までに最低1回は終わらせるのが目標です。

もちろん学校のワークは1回よりは2回。2回よりは3回です。

ホーム・スクールでは9月中旬には前期期末対策を実施して学校のワークチェックと

定期試験対策プリントを配布して対策授業を行います。

計画を立ててしっかり準備していきましょう。

夏期講習で残ったテキストは|板橋ブログ

2019-09-01

本日は夏期講習のテストですね!

この夏の成果をぜひ試して欲しいと思います。



夏期講習中にやり残したテキストはありませんか?


夏期講習のテキストは、薄い冊子の中に各学年の夏休みまでの内容がぎっしりと詰まった
「薄くて濃い」テキストです。

夏期講習は終わってしまいましたが、今後の自主学習で仕上げておけば、これから役に立つこと間違いなし!

1冊やり終えれば自信にもなります。
私も受験生の時に、仕上げたテキストに愛着が湧いて、ニヤニヤしながら何度も見返しました(笑)

仕上げたテキストがあればぜひ先生に報告してくださいね!

検定申込み期限まであとわずか|継田ブログ

2019-08-25

10月実施の英検、漢検、数検の申込締切は

英検 9月5日(木)

漢検 9月9日(月)

数検 9月9日(月)

となっています。

9月2日(月)ホーム・スクールの通常授業がスタートしたらすぐ申込み締切となります。

特に受験学年の生徒さんは

検定取得を受験校へ伝えることができる最後の検定です。

検定の受験を考えている生徒さんは期限を守って申し込むようにしてください。

検定につきましてなにかありましたら

教室長の先生に確認してください。

夏休みあと何日?|継田ブログ

2019-08-16

学制のみなさん

8月も半分をきりました。
みなさん

お盆休みはどうでしたか。

2学期制の生徒さんはあと10日もすれば夏休み終了です。

3学期制の学校でも2週間もすれば夏休み終了。

学校の宿題終わりましたか?

夏休みの宿題内容をもう一度確認してください。

提出日の確認も忘れずに。

夏期講習後半は8/18より開始です。

講習の予習(クラスによっては宿題も)も。

残り少ない夏休み、計画を再確認して頑張っていきましょう。









夏期講習 中1国語|板橋ブログ

2019-08-02

夏期講習の真っ最中ですね!充実した時間を過ごせていますか?



さて、夏期講習の中学1年生の国語では作文を取り扱っています。

材料メモを作り、それを元にして作文を仕上げていきます。
料理と同じで書き始める前の準備が大切。

テキストには型が書かれているので、そこにメモした内容を当てはめていけば、誰にでもしっかりとした構成の作文が書けるんです。



型にはまった作文は面白くないように思えます。
しかし型がないとどうやって書いたらいいか全く思い浮かばない生徒も多い。
型があるからこそ、内容を少し変えるだけで「賛成・反対」、「好き・嫌い」といった様々な方向の作文が中学1年生にも自由自在に書くことができるんです。


普段の塾の授業は長文を読んで答える問題が多いのですが、この夏の集中講座は貴重な体験をしていると思います。大学入試を筆頭に、試験でもアウトプットが求められていますからね!

これからの人生で自分の意見を伝えるとき、中学1年生のみんなはこの夏実践したことをぜひ思い返して欲しいなと思います。

第1回中学生計算コンテスト結果|継田ブログ

2019-07-29

おまたせしました。

中学生計算コンテストの結果が出ました。

最高得点
中1-97.5点
中2-97.5点
中3-100点

優秀賞生徒数
中1-4名
中2-5名
中3-6名

今回は最高得点が中1中2は97,5点 中3は100点。
高得点の争いでした。

また優秀賞に新守谷教室の生徒さんが
中1-2名 中2-4名 中3-5名
でほぼ独占状態になりました。

第2回は12月に実施します、
取手、戸頭、守谷本部教室のみなさんの頑張りに期待します。

中学生計算コンテスト|継田ブログ

2019-06-24

中学生のみなさん

定期試験おつかれさまでした。

おーっと、すいません。

まだこれからの生徒さんがいました。

遅い学校でたしか7月4日だったと思います。

これからの生徒さんは試験準備がんばってください。


さて、ホーム・スクールでは毎年、中学校の1学期または前期定期試験が終了しましたら

第1回中学生対象計算コンテストを実施しています。

今年は7月1日以降で実施します。

各教室に関係する全ての公立中学校の定期試験が終了後、

計算練習プリンとを生徒に配布します。

プリントで出題範囲の計算練習をしてください。

少しでも不安な計算がありましたら

ホーム・スクールにきたときに先生に確認してください。


計算は数学の基本です。

中学校の定期試験が終了次第、計算コンテスト準備 がんばっていきましょう。

ビッグサイト|高鹿ブログ

2019-06-21

しまった、写真を撮ることを忘れた。

今年もビッグサイトで教育系ソリューションの展示会が行われました。毎年いっていますが今年はどんなのがあるんだろう、ということで行ってみました。

で、題名に偽りあり。今年はオリンピックの関係でビックサイトが工事中。結果青海会場(お台場のあるとこね)。今年は田名網先生にも来てもらいました(おっさん二名でお台場って)。

さて、見て驚くのはテクノロジーの進歩です。でも結局やっているのは人間。新しいテクノロジーも使いこなせなければ意味がない。そんなことをしみじみ思います。

例えば電子黒板。今はプロジェクターで写す電子黒板があるんです。おお、すごい。こんな感じで画面が映るんだ。しばらくはそこにくびったけでした。でもね、この電子黒板って各学校には結構あるんですよ。公立にもね。そして生徒に「使っているの」って聞くとどうもしっかりした答えが返ってこない。そうテクノロジーが悪いんではないのです。ただ使いこなすのはなかなか難しいのかもしれませんね。

そしてその答えは携帯でもわかりますよね。あのツールは学習に対してはとっても便利なものです。でもあまり上手に使いこなしている生徒はいないのでは・・・というのが僕の感想。うちの塾生だと竹園の生徒の一人はけっこう学習の補助として使いこないしているかもとは思うんですが。もっと携帯をうまく使いこなせたらいいんですけどね。ゲームやラインだけで終わらせるのはもったいない機械です(以前にも書きましたが)。

というわけですっかり満喫したので帰りはお台場のヴィーナス・フォートで田名網先生と食事。おっさん二人でお台場って・・・

漢字ルービックキューブ|板橋ブログ

2019-06-21

受験に向けて、学校のテスト以外の目標として、漢字が好きだから…などなど、毎年たくさんの塾生が漢字検定(漢検)を受けます。

その漢検を主催する日本漢字能力検定協会からのアンケートに答えたところ、景品で漢字柄のルービックキューブをいただきました!
漢字の向きまで揃えなければならないので難易度も高め!

塾生も先生も休憩中にくるくるカチャカチャと回して頭の体操をしています。

私も練習用に自宅用のルービックキューブを買いました(笑)

取手本部教室に来たらぜひ漢字ルービックキューブで遊んでみてください!(^-^)

« Older Entries