Archive for the ‘NEWS’ Category

月曜日の雨 | 板橋ブログ

2019-11-15

今年は月曜の雨に敏感になりました。

なぜか?

それは月曜日に戸頭教室前のスタンドボードにコメントを書くのですが、帰りにはかなりの確率で雨で流れているから(笑)

今年の月曜日は雨が多い気がするなぁ。
帰りに流れないことを祈りながらいつも書いています。

と、いま週間天気を見たら今度の月曜日も雨…

次の月曜日は簡単に書くことにします(笑)

高校入試説明会 開催される

2019-10-28


10月27日(日)18:45~
(於:取手市福祉交流会館)


日曜日の夜にもかかわらず椅子を
急遽補充するほど多くの方にご参加
いただきました。この場をかりて
厚く御礼申し上げます。
  

 
 県立・私立50校近くから提供された
 「学校案内」も次々なくなり熱心にメモをとる
 保護者の姿が目立つ2時間でした。
 保護者の皆様、学校の三者面談がスムーズに
 いくよう応援しています!
 
 
 

 
 

歴史に学べた…かな?|板橋ブログ

2019-10-15

板橋です。

乾燥が進んでるように感じます。
朝も寒いですね。
風邪をひかないようにしなければ…と言いたいところですが…

ちょっと体調不良(^_^;)

私はどちらかというと湿気の多くなる6月頃に体調が悪くなります。
しかし今回は週末からの避難準備や、インターネット・テレビの情報に釘付けになって目も精神も疲労しました。そこからの小体調不良という感じです。

そんな中頑張ったこと!


でもそんな中、ちょっと頑張ったことがあります。
それは家が1階なので、浸水で仕事が滞らないようカバンやスーツは2階のある塾の教室に置いておきました。本日回収予定です。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言いますが、私は完全に愚者。そんな私も珍しくハザードマップや地域の歴史に学べた、実践できたのかなと思います。

小論文の入門に|板橋ブログ

2019-09-15

2学期に入り爽やかな秋の気候になりました。

それと同時に自然災害が続き、地球の力の大きさと脅威を感じます。


小論文のスタートで困っている人へ


さて、入試も近くなる中、推薦入試やAO入試の小論文の指導も始まりました。

私自身も小論文の書き方を見直そうということで、
「小論文 書き方と考え方(講談社選書メチエ 大堀精一著)」という本を読みました。

この本には技術的なことは多くは書いてありません。

しかし題名にもある通り「書く」ということの根っこにある「考え方」を示してくれます。

最近「課題文の意見に賛成するのがいいのか、反対したらいいのか」といった質問が生徒からありました。

これまでに読んだ小論文の本の中では「反対意見を書けば評価がアップ!」とか、「賛成するだけでは個性がなく、点数は低い」といった、どうすれば点数につながるかというアドバイスがメインに書かれていました。

しかしこの本では賛成・反対以前に、一つの型を使いながら、まずは課題文の中で課題文の筆者が主張したいテーマと意見をきちんと把握することに焦点を合わせます。課題文の読み方から教えてくれます。
それを踏まえた上で小論文の書き方を、奇をてらうことなく示します。

また例に挙げられている課題文の内容も現代を生きる上で考えさせられるものが多く、この本から別の本に手が伸びました。

「小論文ってなんだ?」とスタートで困っている人に是非お勧めします。

県立中学模試スタート!|News

2019-08-23

★☆★ ホーム・スクールからお知らせです ★☆★

1 並木中等教育学校よりプレゼントがあります!

 先日同校の入試担当の先生とお会いした折、「令和2年度学校案内」・リーフレット等を預かりました。説明会に来られなかった塾生や保護者に渡してくださいとのことです。30部ほど頂きましたのでご希望の方はお申し出ください。学年は問いません。


2 竜ヶ崎第一高等学校附属中学校の第二回説明会で分かったこと

 8月20日 於)学習センター牛久ホール 午前と午後の2回実施
ちなみに午後は200名ほどの参加者

  • 先取り学習は英語・数学で実施する
  • 高校1年時に混合クラスになる
  • よって英語・数学は習熟度クラス授業にする
  • 佐貫駅からスクールバスを出す(附属中学生のみ)
  • 部活で団体の運動部は、男子は軟式野球・女子はバレーボール

Q&A集などコピーしてお渡しできる資料もありますのでお申し出ください。学年は問いません。


3 茨城統一テストに県立中学版(対象小学生)が誕生!

 茨城県内で最大の母集団(受験者数)を有する茨城統一テスト=通称いばとうが、県立中学の受検生向けに模試を実施します。第一回は10月12日(土)現小学6年生対象 費用は5000円(税込み)です。並木受検クラス生以外の方は申込制になります。竜ヶ崎附属中学の受検をお考えの方も検討材料としてお勧めします。
 お申込み・お問い合わせは総合案内(0120-958-375)までご連絡ください。


4 高校入試説明会の日程決まる

 2020年度高校入試に向けての説明会は10月27日(日)18:00~と決まりました。夜の時間帯になります。学校や受験雑誌では分からない知ってて得する情報にご期待ください。
 詳細は後日郵送いたします。

  

夏期講習 中1国語|板橋ブログ

2019-08-02

夏期講習の真っ最中ですね!充実した時間を過ごせていますか?



さて、夏期講習の中学1年生の国語では作文を取り扱っています。

材料メモを作り、それを元にして作文を仕上げていきます。
料理と同じで書き始める前の準備が大切。

テキストには型が書かれているので、そこにメモした内容を当てはめていけば、誰にでもしっかりとした構成の作文が書けるんです。



型にはまった作文は面白くないように思えます。
しかし型がないとどうやって書いたらいいか全く思い浮かばない生徒も多い。
型があるからこそ、内容を少し変えるだけで「賛成・反対」、「好き・嫌い」といった様々な方向の作文が中学1年生にも自由自在に書くことができるんです。


普段の塾の授業は長文を読んで答える問題が多いのですが、この夏の集中講座は貴重な体験をしていると思います。大学入試を筆頭に、試験でもアウトプットが求められていますからね!

これからの人生で自分の意見を伝えるとき、中学1年生のみんなはこの夏実践したことをぜひ思い返して欲しいなと思います。

第1回計算コンテスト結果|継田ブログ

2019-07-10

7/1(月)から実施している中学生対象計算コンテストは

各教室に通っている全中学生の定期試験が終了して一週間後が実施日となっています。

一番遅い定期試験は7/4でした。

計算コンテストが終了するのは7/11(木)です。

実施済みの生徒さんで結果を気にしている君。

もうしばらくお待ちください。

君の名前が書かれた成績優秀者ポスターが張り出されるのはあとわずか。

もうしばらくお待ちください。



2019年度夏期講習受付開始|News

2019-06-13

2019夏期講習チラシ

わかる楽しさ、大きく伸びる夏!!


 当塾の夏期講習は、受講生が目的に合わせて自由に選べることが特徴です。
 そして「偏差値がかなり上がった!」「二学期の勉強がしやすくなった!」「入試に自信がついた!」・・・と、毎年多くの高い評価を得ています。
 その主たる理由は・茨城・千葉県立と私立20校の入試問題を分析している熱血講師陣が指導すること・前期集中講座で重要項目の内容を深く理解でき、後期総合講習で分野を体系的に理解できることにより、獲得内容を区別して講習生の学習が中途半端にならない講習であることです。

 受験勉強を始める中学3年生には、これからの8か月で確実に合格に導くロードマップをご用意してお待ちしております。

 自信を持って二学期へ、この講習会がお子様の学力の大きな力となると確信しています。

▶︎詳しくはこちらをご覧ください。 


 

塾生にお知らせ|News

2019-06-06

2019年度前期予定表を確認してください
 
塾生専用ページに、前期の予定表を掲載しました。
塾生は必ず確認してください。
 
 

県立中高一貫校 10 校を新設!|News

2019-04-20

今後3年の間に県立高校10校に中学校が併設されます。(勝田は中等教育学校)
説明会も既に開かれており、竜ケ崎一高が定員500名では間に合わず追加説明会を急遽開くなど、小学生の保護者の関心は高いものがあります。
中学校の募集は1クラスとする高校がほとんどで、土浦第一と水戸第一だけが2クラスです。
開校は

2020年度  竜ケ崎第一・下館第一・太田第一・鉾田第一・鹿島 現小6生受検可能
2021年度  土浦第一・水戸第一・勝田 現小5生受検可能
2022年度  水海道第一・下妻第一 現小4生受検可能

取手・守谷エリアからの通学圏だけでも竜ケ崎第一・下館第一・土浦第一・水海道第一・下妻第一の5校あり、当塾は今後積極的に受検対策を推進します。
先日行われた説明会では、まだ新中学1年生(40名)が高校生になっても独自クラスなのか高校から入る生徒と混合クラスになるのか等決まってないことがあります。
 
竜ケ崎第一高校で現在決まっていることは

  ① 入試問題は並木中等と同じ問題が使われること
  ② 集団面接試験も実施されること
  ③ 出願は保護者が行うこと(高校は中学校の先生が行っています)
  ④ 学費は市立中学校・県立高校に準ずること
  ⑤ 2020年度募集は、中学40名・高校200名(前年より40名減)であること
  ⑥ 6月に校名決定、夏に学校主催の説明会を開催すること

以上6点です。
 
当塾は並木対策として既にクラス(守谷本部)と個別(全教室)で毎年合格者を輩出しており、その合格率は全体平均(他塾平均)20~25%に対し35~40%とかなり高い率を維持しています。
 
特に新設校に対しては正確な情報と早目の対策が肝心です。

県立中学校の受検をご検討、ご関心がある方は、お子様の学年にかかわらずなるべくお早めに教室長までご連絡ください。
(総合案内0120-958-375)
県立中学校の内容と入試対策についてご説明いたします。
ご連絡お待ちしております。
 
季節柄ご自愛ください。

 
 
 
 

« Older Entries