結果の後が大事|笹目ブログ

Category: NEWS 2017-12-02

中学生の皆さん、期末テストお疲れ様でした。結果もだんだん集まってきて、まぁ良かったり良くなかったりなんですが、勉強が出来るようになるには結果が出た後、つまり今が大切だったりします。

テストが終わった!遊ぶぞー!ってのも悪いわけではないですけれど、それだけでは勉強が出来るようにはなりません。折角結果が出たんですから、その結果を見て反省し次に活かせるようにしましょう。テスト勉強をして丸付けをした後に出来なかった問題を解き直しするのと同じです。ただ、結果を見ても自分が何が出来ていて何が出来ていないのか判断できる人って意外と少ないものです。ですからそこは他者に頼りましょう。

結果が集まってくるちょうど今頃、授業のときに私は「テストの問題持っておいで。一緒に解き直ししよう。」とよく声を掛けます。そうして問題を持ってきてもらったり一緒に解き直しをしていると、ここが弱いなというポイントは独りのときよりずっとよく見えやすくなります。私たちもそこを気にしてみていますしね。弱点の見えた子には、次に何を練習すべきか学習指導したり、課題を出したりもしています。結構沢山出します。なので、やるかどうかは本人に決めてもらいます。嫌だと言われてしまったら出しません。出したいけど。

中3生の皆さんは私立入試まで残り40~50日ほどになりました。まさかまだ過去問解き始めていない人、いませんよね?高校入試はもちろんのこと、今後あるであろう様々な試験もこの「過去問」の攻略はとてもいい試験対策になります。ちゃんと解いて傾向を確認し、本番に備えましょう。