千葉テレビ局にて|関塾長のBLOG

Category: 関塾長のブログ 2012-03-06

今日は茨城県立高校の入試日
ホーム・スクールにとってはテレビ解説の日でもある。
昼頃に局に着くともう英語の問題が届いていた。

早速みんなで分析を始める。
時間があっと言う間に過ぎ次第に緊張してゆく自分がわかる。
夕方4時半 ようやく届いた最後の理科の問題を見た担当が大声で叫んだ。
「大当たりしてます!」
1月末に全中3生に実施した対策授業での予想が大当たり。
それも1番・2番の小問は10問中8問が的中。
そして大問は4題中3問が的中。しかも4番の台車と5番の天気図は出題の仕方までほとんど同じ。
出題される可能性が極めて高い問題、と伝える内容をかなり絞っての結果。
担当がこのことを番組で言ってもよいか?
とディレクター尋ねた気持ちが分かる
もちろん「観てるのはいろんな受験生ですから・・・」
とやんわり断られたのも納得。

「本番でーす」
ADに促されスタジオへ
その後の緊張の生放送は・・・
頭が白くなってよく覚えていません
生徒たちには緊張なんて怖くない、と日頃言っていたのに(笑い)

受験生のみんな、そして彼ら彼女たちを支え続けた保護者のみなさん
ほんとうにお疲れ様でした。
そして合格されること、心から祈っています。