プログラミング教育|板橋ぶろぐ

Category: BLOG 2017-04-14

こんにちは。ホーム・スクール取手本部教室の板橋です。

 

「人間の強みってなんだろう?」と、ふと思いました。

 

例えばチーターなどの肉食獣は走ることが得意です。あごの力も人間に比べて強いでしょう。

またマグロなどの魚は泳ぐことが得意です。体の作りも泳ぐことに特化しています。

 

じゃあ人間の強みって一体なんだろう?

 

ひとつ思い当たった人間の特徴は、直立二足歩行で脳が大きいこと。

人間の強みは、「考えること」ではないかと思いました。

 

動物は反射的に考えるだけですが、人間は順番に物事を考えられます。

しかもそれを長く記憶に残せる。

 

学校では勉強をします。

これも人間の強みである「考えること」の訓練なのかなと思います。

 

身体能力で動物にかなわない人間は、動物・自然を観察し、

「考えること」を使って動物の強みをマネてきました。

 

例えば「飛ぶこと」。

飛行機は鳥の翼をマネて出来上がり、ヘリコプターは虫の羽の動きを再現したものだそうです。

 

そして人間は、「人間のマネ」もしました。

それがパソコンです。

人間の強みである「考えること」をマネしたということです。

 

小学校ではプログラミングの授業が導入されます。

これからの学生は「考えることについて考えること」が、今以上に身近になるのではないでしょうか。